読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宗像大社

裏伊勢とも呼ばれ、日本神話とも繋がりの深い宗像大社に行ってきました。とても神聖な空気で、ずっとその空気を感じていたいくらいに気持ちがよかったです。出雲大社と雰囲気が似ているところもあると思いました。そして宗像大社について学ぶ中で、そもそも…

日の丸の意味

日の丸の意味を知っていますか? 世界で一番シンプルな国旗と言ってもいい日の丸。 日の丸の意味を理解することによって、日本に誇りを持ちました。 恒久世界平和実現。 やはり世界を統一するのは日本の役割であると確信しました。

北海道の地を踏んで

北海道は全てが涙です。道も街も鉄道も都市も、何もないところから作り上げたものです。原始林、熊笹、特殊土壌、寒さと大雪、人が生きていくには厳しすぎる環境でした。しかし、その中で生きていくしか道のなかった人達が不可能に思えたものを可能にしたの…

涙の道

幕末から明治にかけて幕府軍と新政府軍の戦いがありました。戦いに負けた幕府軍と戦いに勝った新政府軍。どちら側についたかでその後の運命は大きく変わりました。北海道の道は囚人達が切り開いた道です。囚人達の多くが負けた幕府軍側の人達でした。負けた…

開発開拓の精神

北海道という土地はまさに開発開拓の精神です。長く寒い冬、広大に広がる原生林、作物が育たない土地、大自然の脅威の中での命懸けの開拓でした。その開拓の歴史が北海道にはあります。しかし、土地の開拓が終わった現代ではその開拓の精神が行き場を失って…

北海道の歴史

8月27日(土)にJAPAN MISSION PROJECTの北海道での講演会が札幌で開催されます。北海道といえば開発開拓の歴史だと思います。明治維新により江戸幕府が倒れ、時代が明治に移ったころ北海道の開拓が始まりました。原生林が生い茂る未開の土地を開拓すること。…

もう一つの硫黄島からの手紙

大東亜戦争末期の硫黄島の戦いで戦死した市丸利之助海軍少将が書いた「ルーズベルトニ与フル書」。 この書を読むことで、当時の日本人の世界情勢の認識や戦争に至った背景が垣間見えてきます。 市丸少将が聡明な方だったというのもあると思いますが、当時今…

戦後71年目を迎えて

2016年8月15日、 大東亜戦争終結から戦後71年です。 あの戦争は日本にとってどのような戦争で、どのような意味があったのでしょうか。 今もまだ様々な観点で議論がされると思います。 現代の日本を語る上でも、とても大きな影響を与えている歴史だと思います…

認識革命

21世紀は悟りの時代です。悟りの時代とは、悟りを応用活用することが当たり前になる時代です。今まで悟りとは、個人が修行や苦行をしながら追求するものでした。人生の究極のゴールだったのです。しかし、これからの時代は悟りが当たり前であり、誰もが悟り…

夢なき者に成功なし

幕末の志士、吉田松陰の残した言葉は胸に響くものが多いです。 今日はそんな吉田松陰の言葉の中で、私の好きなものを一つを紹介したいと思います。 『夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき…

人間の尊厳性

人間はどこから来てどこへ行くのか。自分は何のために生まれてきたのか。なぜこの時代に生まれてきたのか。それが分からないために、悩みや苦しみが生まれます。どれだけ地位や名声、お金を得ても、美酒美食、美男美女に浸り全ての人が自分に従ったとしても…

人類の痛み

ウツ、自殺、殺人、戦争が終わらない人類。本当は誰もが平和に創造的に生きたいはずなのに、なぜこのような歴史が終わらないのでしょうか。その原因は認識疾患です。認識疾患であるために交流ができない、交流ができないために疎通ができない、疎通ができな…

戦後70年間の日本

1945年8月15日玉音放送が流れ日本は敗戦しました。それから71年が経とうとしています。 敗戦後の日本にはGHQが入り、日本がようやく主権を回復したのは1952年4月28日になります。しかし、主権を回復したとはいえ、戦後の日米の関係性はアメリカが上部構造で…

ユニバーサルリーダーシップ

今の時代にリーダーはいますか? 国家、企業など所属する集団のリーダーシップはとれても、集団をまたいでのリーダーシップがとれないために、いつまでも争いが終わりません。 今こそ国家、企業など集団の境界線を超えるユニバーサルリーダーシップが必要で…

心の健康とは

健康な状態でいたければ、健康な状態がどのような状態で、病気の状態がどのような状態なのかをまず定義する必要があります。それは体の健康だけではなく心の健康にも言えることです。現代は鬱が蔓延し、体だけではなく心の健康にも注目が集まるようになりま…

新産業の創出

農業社会から産業革命が起こり産業社会に移行する過程で人々の仕事も移り変わりました。農業社会ではほとんどの人が農業をしていたのが、産業社会に移ると農業をする人は少なくなり、その代わりに産業社会でできた新しい仕事に就くことになったのです。そし…

コンサルティングに必要なこと

現実を変化させるためには、現実がつくられる仕組みを理解する必要があります。現実は結果であり原因ではありません。しかし、人間5感覚脳はインプットされた現実画面しか認識できないため、現実に原因があるように思ってしまうのです。人間5感覚脳の外に出…

古い秩序方式

人間は一人では生きていけません。人間よりも力のある動物を制圧してこれたのも人間同士の協力関係があったからです。そして、協力関係を作る上では秩序が必要です。なぜならば人間は一人一人みな違った経験をし、バラバラな判断基準を持つからです。バラバ…

世界が平和にならない理由

世界では争いが絶えません。国家間の戦争、宗教紛争、テロ、殺人、ケンカ、イジメ、そして自分の頭の中でさえも考え同士の争いが起こり悩みが生まれます。全ての原因は出発が間違っていることにあります。これまでの人類は、人間と人間の宇宙が実在すると思…

雇用の危機

GoogleのCEOラリー・ペイジ氏が「20年後、あなたが望もうが、望むまいが現在の仕事のほとんどがロボットによって代行される。」とインタビューに答えていたのは記憶に新しいです。囲碁AIであるアルファ碁や自動運転車なども開発し、人工知能開発の最先端にい…

正しく知ることをどう定義するのか

現代は情報化社会です。 世界中がインターネットで繋がり、多様な情報知識が溢れています。 学問も細分化、専門化が進み様々な理論体系が構築されています。 そして、各分野での専門家や知識人、先生や親といった教育者となる人達が、その情報や理論を元にそ…

軍事戦争から経済戦争を経てソフトウェア戦争へ

AI(人工知能)、IoT(Internet of Things・事物インターネット)の時代に差し掛かっています。人間の知性を超える人工知能が搭載されたロボットやアンドロイドが出現し、全てのモノがインターネットで繋がるこれからの時代。どのような企業や国家、集団がこのよ…

日本を抱きしめて

海から見える水平線空と海の境界線そのもっと先の境界線そしてそのもっともっと先の境界線これ以上ないその境界線より大きな手で日本を抱きしめて

参拝

朝日が昇り新春の香りが山を包む神社には大勢の人が参拝し1年の無病息災を願う2000年の伝統を2000年の眠りと重ね合わせる時本当の日本が目覚める大和魂よわたしの血と汗になりたまえあなたの涙を払拭する歓喜をあなたに与えたい