雇用の危機

GoogleのCEOラリー・ペイジ氏が「20年後、あなたが望もうが、望むまいが現在の仕事のほとんどがロボットによって代行される。」とインタビューに答えていたのは記憶に新しいです。


囲碁AIであるアルファ碁や自動運転車なども開発し、人工知能開発の最先端にいるGoogleのCEOの発言は、今後人工知能が社会に与える影響を表しています。


このまま人工知能の開発が進めば進むほど、人間の仕事は人工知能、ロボットに代替され、人間の仕事が失われていきます。


雇用問題が間近に控えています。